エコカー時代の終焉はくるのでしょうか?

現在エコカーが人気ですね。
これは日本の経済と連動しているとも言えるのですが、
景気が上向いてきている現在でもなお、エコカーの人気は衰えません。

その理由の一つに、メーカーの動向が関係しています。
今はエコカーの時代、といいましたが、
それはメーカーが作っているものと言ってもいいでしょう。

どこのメーカーもエコカーばかり生産していますし、
登場する新しい車もほとんどエコカーになってきていますよね。

だからエコカーが売れるっていうことです。
だってエコカーばかりなんですから。

日本ではエコカーは人気ですが、
海外ではあまり人気ではありません。
特にハイブリッドです。

なぜなら元が取れないからです。
ガソリン車と同じ車種のハイブリッド車を比べてみるとわかりますが、
ハイブリッド分の価格の元を取ろうとすると、
15万キロ程度走らなくてはいけません。
15万キロ走ってやっとガソリン代の元がとれるということです。

もちろんその間にバッテリーの交換なんかもありますよね。
ハイブリッドのバッテリーは高額です。

そして、車を15万キロまで乗り続ける方って本当に極少数ですよね。
それでなくても、日本では10万キロで車は寿命だ、という風潮がありますから。

エコカーは損する、というわけではありませんが、
よく考えて購入しなくてはいけませんね。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: エコカー時代の終焉はくるのでしょうか?

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://dougabakiyaku.com/mt-tb.cgi/2

コメントする